tomato
6 source 6 source

その大切な食材、
カタチを変えて活かしませんか?

example
calotte
potato
peach
「形」「色」「品質」に問題があっても、
生産者さんが丹精込めて育てた、素晴らしい食材に変わりはありません。
行き場を失ってしまっても、どうかあきらめないでください。
みなさんの想いと、私たちの技術があれば
カタチを変えて有効活用することができます。
一緒に『新たな価値』を
生み出しましょう!
一緒に『新たな価値』を
生み出しましょう!
source
6jika service
sources
農家さんの作物を『液体調味料』に加工・製造し
『6次産業化』を支援するサービスです。
What's
6次化
『生産』×『加工・製造』
×『流通・販売』
6 次産業化とは、「農業(1 次産業)」×「加工(2 次産業)」×「販売(3 次産業)」を掛け合わせ、多角的に商品を打ち出していくことをいいます。サンキョーヒカリはそのお手伝いをします。
problem
Problem

こんなお悩みは
ありませんか?

  • 01
    もったいない...
    せっかく作ったのに、規格外の商品や余剰分を、廃棄したり安売りをしたりするのが心苦しい...
  • 02
    収入を増やしたい
    農閑期の副業を探している。収穫期が決められていたり、収穫がなかったりする時期に商売をしたい!
  • 03
    「フードロス」問題
    フードロスや食品ロスを意識したい。丹精を込めて栽培したものを捨てずに、大切にしたい
  • 04
    現状維持でいいの?
    めまぐるしく環境が変化する時代。提携先以外の販路がなく、今後も続くのか心配…
6jika cooked service
6jika merit
Merit

6次化にはたくさんの
メリットがあります!

  • Merit 01
    新たな所得の確保
    6 次化をすることによって、1 次産業のみでは得られなかった収入を確保できる可能性が高まります。
    また、農作物に付加価値をつけて販売することができるようになるというメリットもあります。
    収穫〜販売期間がどうしても限られてしまう 1 次産業とは異なり、農閑期であっても 1 年を通して販売できるため、収入の安定化が図りやすいのも魅力です。
  • Merit 02
    農作物や地球を
    フードロスから救える
    「フードロス」は非常に大きな課題となっています。
    一般流通経路にのせられない農作物は、破棄をしたり、安く売ったりするやり方が主流でした。これでは農作物も浮かばれません。
    しかし加工、販売することで、これらの農作物にも活躍の場ができます。現在は、SDGs の理念に注目が集まっています。
    6 次化は、その一助となるものでもあります。
  • Merit 03
    雇用の創出と
    地域活性化
    農業は、「地域」に根付いて行っていくものです。そのため、地域活性化を常に意識して地域とともに反映していく意識が求められます。6 次化によって産業が育てば、それだけ若い世代の雇用につながる可能性が高く、地元の雇用問題を解決する一助となることができます。
    また農閑期を加工業務などにあてることによって、無駄のない働き方・無理のない働き方ができるようになります。
  • Merit 04
    農作物のブランド化
    現在は「付加価値」「ブランド化したもの」に注目が集まりやすい時代だといえます。
    生産から販売までを一貫して地元で行うことで、「その地域でしか手に入らないもの」をつくりあげることはできます。これによって商品や農作物に付加価値がつき、ほかのものと差別化することができます。
    「良いもの」「ブランド価値が高いもの」のニーズが高い現在において、これは非常に大きなセールスポイントとなります。
  • Merit 05
    副業にも最適
    「農閑期に副業を行いたい」と考える農家さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
    しかし副業を行う場合、まったく畑違いの業種に手を出してしまうと学習コストなどがかさみます。
    しかしご自身が一番よく知る「農作物(自作)」を使った副業は、このような学習コストを最小限に抑えることができます。また心理的な負担も少なく、取り組みやすいのも魅力です。
  • Merit 06
    賞味期限の延長、
    販路拡大
    農作物はどうしても「鮮度」「賞味期限」が絡んできてしまうものです。しかし農作物を加工してジャムなどにすれば、賞味期限は大幅に伸びることになります。これによってスーパーなどでも該当商品を扱いやすくなり、販路を拡大しやすくなります。
    サンキョーヒカリでも、販売経路の確保のお手伝いをします。
sources
add liquid seasoning
season liquid
season liquid
season liquid
量が少ない?早く欲しい?扱いにくい食材?
history
Strengths

累計3,000アイテムを超える商品実績。
老舗ソースメーカーならではのノウハウで農家さまの悩みを解決!

他社で断られた案件でも『液体調味料製作の”駆け込み寺”』サンキョーヒカリにお任せください!
  • one of strength

    Strength01

    小ロット対応可能

    小ロット(150kg〜)でも対応することが可能で、例えば、300ml の瓶で 300〜350 本でオリジナルの調味料が作成できます。
    「B 級品を利用したジャムなどを作りたいけれど、そう大量に出るわけではない」「大手さんだと大ロットからになってしまって、その分の原材料が確保できない」という場合でも、サンキョーヒカリならば対応できます!
  • one of strength

    Strength02

    多種多様な容器をご用意

    瓶、ペットボトル、口線付きスパウト、ポーションカップ、小袋商品、業務用形態まで対応できます。
    コロナの影響でテイクアウトやアウトドアなど屋外での飲食が増えた現在、そのスタイルに適した容器の提案も行えます。
  • one of strength

    Strength03

    最短 10 日で試作品をご提供

    10 日〜2 週間程度で試作可能です。
    これは、OEM(他社ブランドの製造)に慣れていることや、弊社の製品加工の経験が豊富であることによるものです。
    実は液体調味料の開発はスピードとの勝負です。ライバル会社よりも先に、良い提案を行う必要があります。その開発競争で培ったノウハウでスピーディーに対応します!
  • one of strength

    Strength04

    協力会社で加工・開発が可能

    野菜・果物であれば、ある程度の農産物の 1 次加工が可能です。開発力が高く、商品アイテム数は 3000 以上に上ります。
    ソースもジャムも調味料も作ることができますし、牛乳と混ぜると固まる自宅でできる手作りデザートやゼリーなどのお菓子を作ることもできます。また、清涼飲料水・濃縮飲料などを制作することもできます。
Demerit

6次化に関する
一般的なデメリット

6次化にはメリットもあればデメリットもあります。しかし6次化が持つデメリットも、サンキョーヒカリならば解決できます!
  • demerit

    多額の投資費用が
    かかりそう……

    全ての工程を
    ワンストップで提供!
    demerit' solution
    お客様ご自身が機械を購入される場合、たしかに 6 次化にはお金がかかります。
    しかしサンキョーヒカリを利用いただく場合、「サンキョーヒカリにすでに導入されている機械」を使って加工〜パッケージングまで行えるため、初期導入費用を抑えられます。
    また、補助金申請のサポートも可能です!
  • demerit

    衛生管理が心配

    徹底した衛生管理で
    品質チェック!
    demerit' solution
    殺菌条件によって作ることのできる商品・作ることのできない商品はあります。ただ、サンキョーヒカリではそれをふまえてアドバイスをしますし、自社で検査もできます。
    均一で安定的な商品の提供を旨としているので、商品ごとに品質のばらつきが生じることもありません。
  • demerit

    加工や販売の専門知識
    が無いのですが…

    老舗ならではの
    販路とノウハウ
    demerit' solution
    パッケージデザインはもちろん、自社オンラインショップでの掲載を強化しています。
    また、JA などに紹介することが可能で、マルシェを行っているところに出品の打診をしたり、小売店への紹介をしたりと、『横と横のつながり』を作るためのお手伝いも行っています。

サンキョーヒカリなら解決できます!ご安心ください!

長年のOEMで培ったノウハウで
様々な素材を、様々なカタチでご提案

液体調味料作りの”駆け込み寺”を自負する私たちです。他社で断られるような「素材」も一度ご相談ください!
お客様の方に明確なイメージがあれば、もちろんそのイメージを忠実に実現できます。また、「トマトを原材料として使いたいが、どんなかたちにすればよいかわからない」などの悩みに対して、「フレンチ系がいいのではないか」「トマトソースが良いのではないか」「トマトを使った焼肉のタレはどうか」などの提案を行うこともできます。
background sauce
Case

豊富な実績をご紹介!

〜農家様とサンキョーヒカリの6次化〜

case
  • 規格外(C 級品)の生姜を使用した、オリジナル生姜焼のたれ
    case1
    中堅に位置するスーパーマーケットチェーンでは、規格外品(C 級品=流通にのらない規格外品。加工用に回すことが前提)を購入することを条件に、通常品を安く仕入れるという取引形態をとっていた。「流通にのせられないその規格外品を使用して商品を作れないか?」というところから始まった。それまでは総菜に利用していたが、総菜にしてもなお余ることがある。
    そこで、「食べてもらえる価値」の提供するために、生姜焼きのたれを作ることを思いついた。規格外品の生姜をすりおろし、その生姜をたっぷりと使用した生姜焼のたれとして商品化し、自社の店舗で流通させた。
  • 地元の梨を使用したドレッシングが、市のふるさと納税返礼品に選定!
    case2
    千葉県西白井市でとれた梨を使用して、焼肉のたれ・イタリアンドレッシング・トマトケチャップを製造した。梨原料はそれぞれ 25%前後配合している。
    これは食味に優れているということで、市のふるさと納税返礼品のひとつに選ばれた。
    地元の商品を使っている・作っているものは JA の支援を受けやすく、買い手も多く、それによっておいしさが広がったり、品評会で賞をとったり、インスタグラムに掲載されたことなども、選ばれた理由のひとつだった。
    また、梨の入ったトマトケチャップなどのように「珍しいもの」の提案、梨の含有量が多かったのも成功の一因と思われる。
    梨はアシの早い農作物だが、これによって廃棄量も大幅に減らすことができた。
  • 栽培〜加工、販売まで。「食育」として
    横須賀紫人参ドレッシングの開発
    case3
    地域活性化を目的とし、中学生を中心とした子供たちが栽培した野菜(紫人参)を使用したドレッシングの開発を行った。
    栽培も社会勉強的なものであり、食育の一環でもあった。中学生が育て、加工の様子をモニターで見せて、彼らが販売までを担当した。
    地域社会との結びつきや地域活性化にもつながる事例であるが、中学校以外にも食物栄養科の大学などからの依頼がくることもある。
  • 梨農園で規格外として廃棄されていた梨を
    ドレッシング・ソースにして商品化
    case4
    梨園で、規格外品が毎年出ていた。販売するにも全ては売れなくて、どうしても無駄が出ていた。
    そこで協力工場にて梨を 3 oダイスに加工、梨の入ったドレッシングやステーキソースを作った。ボトルに充填して物販商品として販売したり、レストランで業務用の形態にしてカレーやサラダに使用したりした。また、この梨園はゴルフ場も運営していたが、ゴルフコンペの景品として渡されたというエピソードもある。
  • なごやの農家のたまねぎドレッシング
    case5
    名古屋の農家さんで、玉ねぎとブロッコリーの生産をされています。
    農協さんに出荷をしたり、マルシェで野菜を販売されていました。
    こだわりの栽培方法で育った、野菜で美味しいドレッシングを作りたい! という願いからご縁があり、自社農園で育った玉ねぎを使用して 試行錯誤を重ねてドレッシングを作成しました。
    ラベルに描かれているイラストは、お客様のお子さんが書いたイラストを 参考にラベルにしました。
    1年目は1ロット、2年目、3年目と年が経つにつれて、2から3ロット製造し 今では玉ねぎの収穫前から、お客様からご要望が入るそうです。
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、缶詰めの果物が余ってしまった。
    case1
    もともとは、和菓子屋で桃の水菓子の原材料として使う予定で缶詰の桃を作っていた。
    しかし新型コロナウイルス(COVID-19 の)影響で、18L 缶の果物の缶詰が余ってしまった。
    そのまま置いておいても賞味期限が切れてしまうので、140g のジャムに加工してほしいとの依頼を受け、140g のジャムに加工することとなった。その後はジャムとして販売されている。このように、「もともと使う予定だった商材が余ったとき」の対策としても、6 次化は利用できる。
Flow

サービスの流れ

  • Step01

    お問合せ

    mail
    まずはお気軽にご連絡ください。簡単なイメージがあれば、このときにお伝えください。お客様のご要望に応じて、弊社の担当者よりご連絡を差し上げます。
  • Step02

    打ち合わせ

    mail
    お客様と弊社担当者にて打ち合わせを行います。お客様のイメージに沿うように、弊社の担当者からご提案をいたします。
    また、概算費用や納期などについてもご相談ください。
  • Step03

    開発〜試作

    mail
    お客様のご要望を反映した試作品を、最短 3 日でお作りします。また、同時にお見積りも作成いたします。
    お客様がご納得いただけるまで試作品を作ります(※条件によっては試作回数に制限が出ることもありますのでご了承ください)。
  • Step04

    加工〜製造

    mail
    試作品でご納得いただけましたら、加工〜製造に入ります。品質検査を経て、商品が完成します。
  • Step05

    販売

    mail
    調味料のイメージが伝わるようなデザインを作成し、弊社 EC サイト(オンラインショップ)に掲載します。同時に販売支援も行います。
Container

主な充填容器一覧

ポーションカップやミニパック、各種ボトル、ビン類、各種パウチ、缶など
お客様のニーズに合わせた様々なパッケージで製造できます。
    • stand pack
      口付スタンドパック
    • stand pack
    • stand pack
      チューブ
    • stand pack
      ボトル形状
    • stand pack
      ポーション
    • stand pack
      スティックタイプ
    • stand pack
      ピロー袋・四方パック
    • stand pack
      小袋・ミニボトル
その他にも「QBテナー」「1.8L缶」など、多種多様な容器を取り揃えております。
progress
Process

製造工程

  • 01
    原料軽量・投入
    process 1
  • 02
    蒸煮
    process 2
  • 03
    品質検査
    process 3
  • 04
    窯で作った液体を
    タンクに移動
    process 4
  • 05
    充填
    process 5
  • 06
    梱包・出荷
    process 6

仕込みと出来高の関係

※煮詰める工程と一部ロスが発生するため、材料の量よりも出来高は少し減ってしまいます。
  • 最小ロット
    最小ロット
  • おすすめ!
    おすすめ
  • 2つの容器に入れた場合
    2つの容器に入れた場合

様々な調味料の開発

※煮詰める工程と一部ロスが発生するため、材料の量よりも出来高は少し減ってしまいます。
  • sause
    ソース
    • HIとんかつソース
    • 屋台風焼きそばソース
    • リブサンドソース
  • sause
    たれ
    • おろしソース
    • こだわりポン酢
    • ネギ塩ダレ
  • sause
    ドレッシング
    • シーザードレッシング
    • 黒酢ドレッシング
    • 香味野菜ドレッシング
  • sause
    中華・エスニック
    • キムチ焼肉のたれ
    • スウィートソース
    • 麻辣火鍋の素
  • sause
    デザート用ソース
    • きなこ入り白蜜
    • メープルシロップ
    • マンゴーソース
  • sause
    ゼリー・その他
    • イチゴゼリー
    • 屋台風焼きそばソース
vision

農家さんと共に
成長していきたい。

どんなにおいしいソースであっても、原材料となる果物や野菜がなければ作ることはできません。サンキョーヒカリが6次化を手掛け始めたのは、このような原材料を作り出される生産者様へ恩返しや支援がしたいという理由によるものです。このようにして手塩にかけて「育てた」商品が売れていく姿はとてもかわいいものですし、年に1回しか販売されていなかったものが2回、3回と売れていく商品に成長していく様を見るのはとても楽しいものです。

現在、農家になりたいと考える人が減っているといわれています。しかし私たちの根底を支える「食」を作り出す農家さんとともに私たちは成長していきたいと考えていますし、現状を踏まえた支援を行いたいと考えています。そしてそれは、「農作物に新しい価値や創造性を与えること」ができさえすれば、決して不可能なことではないと感じています。

vision
About

会社紹介

about
1937年ソースの製造業から始まった会社。愛知県名古屋市に本社を構え、
地元の人に愛されるウスターソースを初めとして今では多種多様な液体調 味料製造をしている。
OEMで培った幅広い調味料の開発力と、お客様の都合で小ロット (150kg-)から様々な容器形態に充填できる対応力が自慢。
コンビニ、スーパー、外食から小売店など、幅広い客先のニーズに応え、商品 を製造している会社。

サンキョーヒカリの歩み

元々先代が味噌、醤油メーカーで働いており、独立をした時にソースのレシピを教わってソースの製造販売を始めたのが弊社の始まりです。当初は、調味料も少なかったですが、時代の変化と共にマヨネーズ、ドレッシングなど新しい調味料も増えてきました。
そこから、飲食店様などの業務用、そしてOEMの依頼も増え弊社ではそれに対応すべく、様々なタイプの調味料の開発。
そして、お客様の要望に応じて充填容器も増えたことであらゆる液体調味料の要望にそうことができるようになりました。
今では累計3000アイテム以上の実績があります。
history history

会社情報

会社名サンキョーヒカリ株式会社
代表取締役黒田康正
設立昭和25年
資本金1000万円
本社・本社工場愛知県名古屋市中村区牛田通2-5
支社・工場関東支社 岐阜工場
関連企業アジオン株式会社
 / 株式会社アイカン
従業員数102名(令和3年)
事業内容ウスターソース、各種たれ、飲料・惣菜・製菓・調味料などの企画・製造販売
所属団体(社)日本ソース工業会、(社)全国トマト工業会、名古屋商工会議所
取引銀行三菱東京UFJ銀行
  新名古屋駅前支店
Contact

お問合せ

会社名
例)○○株式会社
お名前
例)山田 太郎
お電話番号
例)0524815341
メールアドレス
例:sample@sankyohikari.co.jp
確認のため、もう1度ご入力ください
お問合せ内容