様々な容器充填を得意とする業務用液体調味料メーカーサンキョーヒカリ

NEWSサンキョーヒカリからのお知らせ

DATE2022.08.03

「愛知たっぷり 焼肉のたれ」アレンジレシピのご提案

昨年より販売を開始致しました「肉と飯が消える 愛知たっぷり 焼肉のたれ」ですが、お陰で皆様よりご好評を頂いております。

 

とはいえ焼肉のたれは開封後つい余りがちなもの。今回は余ったたれを有効利用するためのアレンジ案を紹介させて頂きます。
 
 

①スタミナ肉うどん

179-①肉うどん
牛バラ肉(豚バラでもO.K.)を炒めてから「愛知たっぷり焼肉のたれ」を絡め、かけうどんの上にトッピングするだけの簡単レシピ。
味噌とにんにくの香りに加え、タレの甘味と肉の脂感がうどんをより美味しく引き立てます。食欲の湧かない暑い日の昼食におすすめです。
 
 

②味噌マヨの鮭ホイル焼き

179-②鮭アルミ
「愛知たっぷり焼肉のたれ」とマヨネーズを2:1でブレンドしておきます…☆。
しめじやえのきなどのお好みの野菜と、軽く塩コショウを振った鮭をアルミホイルに乗せます。
☆のたれを上からかけてアルミで包み、180℃のオーブンで15分蒸し焼きにします。

焼肉のたれにマヨネーズのマイルドさがプラスされて、とても親しみやすい味になります。
もともと肉用に開発した焼肉のたれですが、魚との相性もよいことが感じられました。
 
 

③鶏ちゃん焼+α

179-③鶏ちゃん
一口大にカットした鶏むね肉に対し、20%重量の「愛知たっぷり焼肉のたれ」を和えて冷蔵庫で15分程漬込みます。
加熱したフライパンやホットプレートに、漬込み液ごと鶏肉を加えて炒め、火が通ったら好みの野菜(キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎ、ニラなど)を加えてさらに加熱します。
蓋をして、野菜がしんなりするまで加熱したら完成です。
肉を漬込んでから焼くことで、たれと鶏肉がよく馴染み、風味よく仕上がります。
加熱中に野菜からドリップが出てきますが、それでも全体の味がぼやけないのが「愛知たっぷり焼肉のたれ」の特長です。
 
このままでも十分美味しいのですが、最後にマヨネーズをトッピングするのもおすすめです。

179-④鶏ちゃんマヨ

ほのかな酸味と、油脂によるジャンク感がプラスされることで、より一層やみつきな味に変身します。
②のレシピでもマヨネーズを使用しましたが、「愛知たっぷり焼肉のたれ」とマヨネーズがよく合うという声を頂いております。
本家の鶏ちゃん焼からすると邪道な味付けとは思いますが、是非お試しください。
 
 
今後も弊社製品を使用したアレンジ案をご紹介させて頂きます。
是非一度、製品を手に取ってお試し頂けると幸いです。

PageTop